未来を拓く量子ビームの産官学連携。

人材育成と産業利用の融合で革新を実現する次世代プラットフォーム

Industry-government-academia collaboration on quantum beams to open the future.

Next-generation platform for innovation 

through the fusion of human resource development and industrial applications.

量子ビーム分析アライアンス

 (Quantum Beam Analyses Alliance, QBAA)

量子ビーム分析アライアンスは、複数の量子ビーム施設(J-PARC MLF、JRR-3、SPring-8等)を使った人材育成と産業利用成果の創出を目的に、2021年5月より活動しています。

QBAA has been active since May 2021 for the purpose of developing human resources and creating industrial application results using quantum beam facilities (J-PARC MLF, JRR-3, SPring-8, etc).

参加企業(2023年4月現在)

一般財団法人 化学物質評価研究機構、株式会社クラレ、住友ゴム工業株式会社、

住友ベークライト株式会社、日産化学株式会社、株式会社日東分析センター、

日本ゼオン株式会社、三井化学株式会社、三菱ケミカル株式会社、株式会社メニコン、

DIC株式会社、株式会社ENEOSマテリアル、JSR株式会社、TOYO TIRE株式会社

学術研究チーム:京都大学、名古屋工業大学、総合科学研究機構

運営期間:2021年5月~


Company Menbers (As of April 2023):

Chemicals Evaluation and Research Insittute, Kuraray Co., Ltd. ,

Sumitomo Rubber Industries, Ltd. ,Sumitomo Bakelite Co., Ltd. ,

Nissan Chemical Corporation, Nitto Analytical Techno-Center Co., Ltd. ,

Zeon Corporation, Mitsui Chemicals, Inc. ,Mitsubishi Chemical Corporation,

Menicon Co., Ltd. , DIC Corporation, ENEOS Materials Corporation,

JSR Corporation, Toyo tire Corporation

Academic Research Teams:

Kyoto University, Nagoya Institute of Technology,

Comprehensive Research Organization for Science and Society (CROSS)

Operational Period: May 2021 ~


プロジェクトの現在/Progress of the project

量子ビーム分析アライアンスの現在運営期間中です。

その活動状況、研究成果を下のリンク先に掲載しています。

QBAA is currently in operation. Its activities and research results are posted at the link below.

お問い合わせ/Contact

量子ビーム分析アライアンスについて、詳しくはお問合せフォーム

またはshinjigyo [アットマーク] cross.or.jp までご連絡ください。

For more information about QBAA, please contact us using the inquiry form or send an e-mail to shinjigyo [at sign] cross.or.jp.